優秀な子どもに育てたい

>

才能が伸びなかった場合の対応

親の責任を果たそう

挑戦しないと、子どもに合っているか判断できません。
ですから子どもがやりたいと言っているなら、とりあえず挑戦させるのがおすすめです。
もし続けても才能が伸びなかったら、別の習い事を勧めてみましょう。
子どもの性格を考えれば、もっとふさわしい習い事が見つかるかもしれません。
長く続けても成功しなかったら、子どもはやる気を失ってしまいます

せっかく始めたのだからと思って無理に続けさせても、才能はそれ以上伸びません。
習い事を始める時は、費用が掛かります。
子どもがすでにやる気を失っているのに、惰性で続けさせるのはお金の無駄だと言えます。
それだったら別の、もっと楽しく才能を伸ばせる習い事に取り組んだ方が良いでしょう。

経験を活かせる習い事がいい

これまで習ってきたことが、完全に無駄になるのは嫌ですよね。
軌道修正する際は、経験を活かせそうな習い事を見つけてください。
また最初からスタートすることになりますが、経験を活かせば早くスキルアップできます。
うまくできると楽しいので、新しく始めた習い事を子どもは好きになってくれると思います。

目に入った習い事を、手当たり次第にすすめるのは控えてください。
1度にたくさんの習い事を紹介されても、子どもはどれに取り組めばいいのかわからず混乱してしまいます。
親が子供の性格をよく知って、ふさわしい習い事を進めてください。
しかし子どもの気持ちを尊重しましょう。
子どもがやりたくないと言ったら、無理に取り組ませないでください。


この記事をシェアする