優秀な子どもに育てたい

子どもが習い事を始めたいと言ったら?

  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像

習い事で才能を伸ばすことができる

子どもはまだ、習い事の内容を詳しく把握していないかもしれません。 何となくおもしろそうという理由で、やりたいと言うことが多いです。 挑戦することは大事ですが、すぐに辞めたら意味がりません。 きちんと継続できるのか確認するため、習い事の内容をチェックしてください。

どんなことを習うのか詳しく知ろう

小さいころに、講師からレッスンを受けることで子どもの才能を伸ばせます。
ですから子どもがやりたいといったものがあれば、積極的に挑戦させるのがいいことです。
しかし子どもは、友達がやっているからと言った理由や、流行っていることが理由で習い事を始めたいと言うことがあります。
それでは継続できないかもしれません。
子どもと一緒に、その習い事に関して調べましょう。
内容を知った上で、継続できるのか聞いてください。

習い事をさせることが決まったら、どの講師に任せるか考えてください。
ピアノでも、たくさんの講師がいます。
それぞれの講師によって教え方が異なりますし、子どもとの相性があります。
相性が悪いと才能があってもおもしろくないと感じてしまうかもしれません。
それは、もったいないです。
子どもと相性がよくて、才能を引き出してくれる講師を見つけてください。
おすすめの講師を聞いたり、見学に行くといいですね。

長年レッスンを受けていても、子どもにとってプラスにならないのではないかと感じることがあります。
子どもが一生懸命練習していてもうまくならない場合は、習い事があっていない可能性があります。
その場合は、別の習い事を子供に勧めてください。
これまでのレッスンを活かせる習い事を見つけることで、子供の才能が開花するかもしれません。
長く続けなければわかりませんが、軌道修正することも大事です。
親が、子どもの成長に敏感になってください。

どこでレッスンを受けるかが大切

子どもの才能を伸ばすために習い事をさせるなら、どこでレッスンをうけるかが重要です。 実力を持っている講師が良いと思っている人が多いですが、子どものとの相性を優先してください。 相性が悪いと、子どもは習い事を嫌いになってしまいます。 それではもう継続できません。

才能が伸びなかった場合の対応

レッスンをのけていても、子どもの採納が伸びないことがあります。 それは現在取り組んでいるレッスンが、子どもに合わないことが原因です。 親が軌道修正しなければいけないので、他に子どもに合う習い事を探してください。 そちらに取り組ませれば、才能が伸びるかもしれません。